読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ushi-goroshiの雑記帳

統計や機械学習の話題を中心に、思うがままに

データ分析にあたっての参考書籍

データ分析に興味を持ち始めた方から、参考となる書籍についての質問を受けることがあります。統計や機械学習、データ分析に関する本は世に溢れているので、どれを読めばよいか困りますよね。そんな時にいつもお薦めしている本が2冊あります。

統計学入門

isbn:9784130420655

東京大学が出版している統計学の教科書です。
内容が非常にしっかりしているため、統計学の基礎から勉強したい人に特にお薦めです。

②データ解析のための統計モデリング入門

isbn:9784000069731

こちらはフリーの統計解析ソフトRを用いて、一般化線形モデルというモデリング手法を解説しています。内容を理解するのは少し困難かもしれませんが、この本に記載されている内容を理解できれば、世のデータ分析プロジェクトの半分ぐらいは対応できるようになると思います。なおこの本はRでのコーディングという、どちらかと言えば実践的な面に重きを置いています。もう少し理論的な面から一般化線形モデルを理解したいという方には、以下の本もお薦めです。

③一般化線形モデル入門

isbn:9784320018679

内容はかなりハイレベルですが、一般化線形モデルを学ぶ上で最良の教科書とも言える一冊です。この本を読むと、一般化線形モデルがなぜ正規・二項・ポアソンなどの一部の分布に限られるのかが理解できます。また一般化線形モデルの枠組みを導入することでこれらの分布を無理なく統一的に扱えるようになり、重回帰以外の回帰を学ぶ上で非常に理解が容易になります。
さらに、最近読んだ本の中では圧倒的・感動的に素晴らしい本がありました。かなりエンジニア向けですがご紹介。

④データ分析プロセス

isbn:9784320123656

データ分析は「難解なアルゴリズムを大量のデータに適用し、人が検知できない複雑なパターンを発見する」という一見して華やかな作業のように思えるかもしれませんが、実際には作業全体の8割ぐらいをデータの加工に費やしたりします。その加工手順について詳細に記した資料はあまりなく、またそれぞれ独自の流儀があったりするのですが、この本はそういった種々の「データ加工」について非常に多くの文献を紹介しつつ解説を行います。自分で手を動かしながらデータ分析の一連のプロセスについて理解したい、という人に大変お薦めです。

以上、統計やデータ分析を学ぶにあたっての参考となる書籍の紹介でした。